大特集☆プリンターインク購入サイト6選

Home > プリンターインクについて > プリンターの印刷費を下げる強い味方

プリンターの印刷費を下げる強い味方

 パソコン周辺機器の中でもプリンターの需要は特に高く、コピーが可能な複合機も普及しており、近年その利用価値はますます高くなっています。
どのプリンターも印刷の際はインクも必要ですが、純正インクは値段が高いのが惜しまれるところです。
そこで、印刷費を抑えたい時は、互換インクやリサイクルインクが断然おすすめです。
どちらも入っているインクは新品で、互換インクはその販売メーカーのオリジナル新品カートリッジに充填され、リサイクルインクの殆どは、純正インクの空カートリッジに再充填する形で販売されています。
どちらを購入するか迷った場合は、値段やインクの性能などから選べば良いと思います。
もしくはインクの残量表示も希望するなら、ICチップが搭載され、それが機能する製品を選んでおくと良いでしょう。

 基本的にリサイクルインクは純正品と同じカートリッジのため、使い勝手は一緒です。
それに対し、互換インクはカートリッジの見た目が違うだけのほか、中にはプリンターへセットする際の手順が純正品と違う製品もあります。
例えば、インクジェットプリンターのカートリッジには空気孔という穴が開いているのですが、そこから空気を取り入れることで、インクがスムーズに流れる仕組みになっているのです。
純正品では空気孔を塞いでいるシールをはがすだけでOKだった場合でも、互換品なら付属のピンなどで、指定部分へ穴を開けてからセットするタイプも稀にあったりします。
作業自体は極めて簡単なため、使い勝手に影響を与えるほどではありませんが、その様なことも知っておきますと、インクの比較にも役立つかもしれません。

 大量に印刷する時はインクもある程度ストックしておく必要はありますが、そんな時こそ互換インクやリサイクルインクが、ランニングコストの節約に大きく貢献してくれます。
そして、買い置きする際に気を付けておくと良いのが、インクの保管方法です。
直射日光が当たる所や高温多湿の場所を避け、冷暗所にストックするのが基本です。
保管環境が悪ければ、変色してしまう場合がありますので、できるだけ留意しておいた方が良いでしょう。
また、インクには使用期限もありますから、交換する時は日付を確かめ、古い物から順に使っていきますと、使用期限切れになることを防ぎやすくなります。
純正品と比べてリーズナブルだとは言え、傷んだりしたら勿体ないですから、ちょっとだけ配慮して上手に使うのがベターです。

次の記事へ

上へ戻る