大特集☆プリンターインク購入サイト6選

Home > プリンターインクについて > プリンターのインクの種類は複数ある

プリンターのインクの種類は複数ある

 一般家庭でもパソコンを持っていることが当たり前になりました。
それと同時にプリンターを持っている家庭もとても多いです。
この二つを持っているととても便利なので、活用している人はたくさんいます。
特に、年賀状印刷を自分で全部行う人が増えました。
たくさん年賀状を書く人は宛名を自分で書かなくて済みますし、裏面のデザインも自由自在です。
たくさん印刷する人は、インクがすぐになくなってしまいます。
家電量販店などではインクカートリッジを販売していますが、そこで躊躇したことはありませんか。
自分の家にあるプリンターの型番に合うインクは1種類ではありません。
何種類もあるために、どれを買って良いのかわからなくなることがあるでしょう。
それぞれどのような特徴があるのかを知れば迷うことなく選ぶことができます。

 一番値段が高い純正があります。
プリンターを買った時に付いていたかもしれません。
プリンターのメーカーが製造しており、保証が付いているので安心感があります。
ただし、少々高額になるので全色入っているパックを買ったほうが安く済みます。
互換インクはメーカーブランドがあるわけではないのですが、オリジナルカートリッジを使っているのでインクの量が多いこともあります。
純正ほど品質が安定しているとは言えませんが、年々品質が安定しているので純正と同じように使えるでしょう。
純正はメーカー保証があるとは言え、購入者の過失でトラブルが生じた場合は有償修理になるかもしれないので気を付けましょう。
互換性インクは保証があるとは言え、必ずしも対応してもらえるとは限りません。
このことを頭に入れてから購入しましょう。

 リサイクルトナーを見たことはありませんか。
家電量販店などには使用済みカートリッジ回収ボックスが置いてあります。
このカートリッジを洗浄してインクを充てんしたものがリサイクルトナーです。
だから、コストパフォーマンスが高いです。
とても安いですが、多少色が変わることがあるかもしれません。
品質が少々不安定ですが、安いのでたくさん印刷する人には良いでしょう。
自分でカートリッジにインクを充てんするインクだけを販売していることもあります。
手間はかかりますが安くて済むので節約したい人には良いかもしれません。
プリンターのインクと言ってもこれだけ種類があります。
品質や保証を重視するのか、とにかく安さを重視したいのかによって選ぶべきインクが決まります。
よく考えてからどれを使うのかを決めましょう。

次の記事へ

上へ戻る