大規模修繕工事を検討する時に注意するポイント

所有している不動産の大規模修繕工事を考える際に注意しておきたいポイントがあります。
まず、大規模修繕とは老朽化が進んだ建物を新築当初に近い、あるいはそれ以上の耐久性を持たせるために大規模な修繕工事を行うことです。
分譲マンションなどでは、入居者が毎月積み立てる修繕費を利用して外壁や屋上陸屋根、共有部分の設備等を一定の築年数の経過により修繕を行います。
個々の部屋の所有者により集められた修繕積立費を利用し、管理会社主導のもと修繕計画を立てて、老朽化が考えられる部分の修繕を行います。
建物は一定の時間の経過により、経年劣化が進み、放置しておくことでどんどんと劣化が進みます。
マンションなどの集合住宅では、共同で積み立てを行いますが、個人所有の建物の場合は自己負担となります。
ここから、大規模な修繕工事を行う場合の注意とポイントをお話してゆきます。

大規模修繕工事の見積もりを取り計画を立てる

まず、大規模修繕を行う物件の調査が必要となります。
マンションのように管理会社が決まっている場合、修繕工事を請け負う業者が決まっています。
賃貸マンションを所有するオーナーの場合、管理会社との契約のないオーナーも多いはずです。
修繕工事は一定の年数経過により行わなければ、劣化が進み、修繕費用がさらに高くなるため、定期的に行う必要があります。
業者により、修繕箇所や見積もり内容が異なります。
複数の業者の見積もりを取り、見積もり内容の比較を行います。
資材内容や単価、作業方法などをしっかりと比較して、正しい作業が行われるかを確認して、修繕費用の交渉を試みます。
比較により、最適と考えられる業者を選別し、契約を結んだあと打ち合わせに入ります。
支払いの計画や資金調達の計画等も相談しておくと良いでしょう。

修繕工事の計画の重要性と見直し

大規模修繕工事となれば、大きな資金が必要となります。
見積もり内容の修繕工事のすべての箇所が本当に修繕が必要なのかを考えましょう。
大きな工事となると金融機関による借入が必要となることがあります。
大きな資金を借り入れれば返済期間が長くなり、それだけ負担が大きくなります。
修繕工事には優先順位があり、必要性の高い修繕を重点的に行い、必要性の低い工事は次回の修繕に回すなど、傷んでいる場所とそうでない場所の区別をしっかりとつけて、最適な修繕計画を立てましょう。
1社の見積もりで決めずに、見積もり内容を見直すことも重要です。
一気に大掛かりな工事で費用をかけるのではなく、分散工事も考えるべきです。
金融機関からの借り入れを最小限に抑え、長期的に修繕費の貯蓄に取り組んでおくことも必要です。