大特集☆プリンターインク購入サイト6選

プリンターのインク選びは費用もポイントです

プリンターを良く使う方は、インクがすぐに切れてしまい、新しいインクを買う時の費用が気になる方もたくさんいます。純正インク以外にも、リサイクルインクなど、様々な種類があるため、インク選びの基礎知識を身につける事も大切です。

品質や価格に注目しながら、無理なく継続して購入し続ける事ができるインクを見つける事で、プリンターを使いやすくなります。写真など、長期間保管し続けたい写真の場合は、品質の高いインクを使うことをおすすめしますし、短期間しか使わない紙へのプリントは、手ごろな価格で使える物がおすすめです。

インクの種類や選び方など、このサイトではインクに関する役立つ情報をたくさん掲載しており、基礎知識を身につけられます。また、インクを取り扱っているおすすめのお店の情報も満載ですし、それぞれのお店の特徴もまとめているため、お店の比較を進める際にお役立てください。

こまもの本舗

総合評価 ★★★★★
サービス ★★★★
顧客満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • 安価で品質の良いプリンター用互換インクが購入できる
  • 初めて互換インクを使う方のためにトラブルシューティング集が記載されている
  • 即日での発送が可能な場合があり急ぐ時も安心

こまもの本舗ではメーカー純正のプリンターインクの他に、純正品と遜色ない安価で高品質な互換インクも取り扱っています。互換インクの種類によっては欲しい色を組み合わせてセットできるタイプもあり、より割安な価格で購入できます。写真のプリントをするならカラーインクのみとか、文書印刷が主ならブラックインクのみという買い方もできるため、ユーザーが利用しやすいように配慮されているでしょう。

純正品のプリンターインクから互換品に換える際に躊躇してしまう方もいるでしょう。こまもの本舗では初めて購入する方でも戸惑わないように、よくある質問やトラブルシューティングをまとめています。品質保証期間も購入した日から1年設けられていますので、期間内にトラブルが解決しない場合には返品や交換もしくは返金などの対応が期待できます。

インクを切らしていた場合、緊急にプリンターを使うのであれば焦ることもあるでしょう。こまもの本舗では、在庫のある商品であれば15時までの注文で当日中の発送が可能になります。急いで大量の印刷物をプリントする時にも安心です。

公式サイトはコチラ

インクナビ

総合評価 ★★★★
サービス ★★★
顧客満足度 ★★★
利便性 ★★★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • インクナビなら高品質で低価格のプリンターのインクを買う事が出来ます
  • インクナビのインクは安心の2年保証があります
  • インクナビのインクは正常稼働率も99.9パーセントです

インクナビならプリンターのインクも高品質でありながら低価格なのでお得です。しかも、純正品の半額で購入する事が出来るため、印刷にかかるコストを抑える事が出来ます。純正品と同じ様に使う事が出来るカートリッジを使用しているだけでなく、無料でカートリッジの回収も行ってくれるので便利です。

それからインクナビなら、正常にインクが使えなかった時や、プリンターの型番を間違えて注文してしまった場合、それからプリンターの買替えで買い置きしていたインクが不要になった場合でも新しいものに交換をしてもらう事が出来ます。また、2年保証があるので安心して購入する事が出来ます。

それからインクナビのインクを使う事で不安がある方でも安心して使用する事が出来ます。正常稼働率も99.9パーセントで、紙詰まりや認識不良、それから目詰まりなどのトラブルが心配な方でも安心して使用する事が出来ます。

公式サイトはコチラ

インク革命.com

総合評価 ★★★★
サービス ★★★
顧客満足度 ★★★★
利便性 ★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • プリンターのメーカー別にインク検索可能
  • 安心の全額返金保証制度のメリット
  • 欲しい時にすぐ手に入る翌日お届け

自宅でプリンターを使う人も最近はとても増えてきました。その際にプリンターのインクジェットが切れてしまい困った経験をした方も多いと思います。そんな時に非常に利用価値が高いのがインク革命.comです。プリンターのメーカーによって使用するインクジェットは異なります。使用しているプリンターのメーカーさえ分かれば、メーカー別に検索する事が出来、非常に効率的です。

また、実際にインクジェットが届き使用したにも関わらず、何かしらの不具合が生じる場合があります。その際はぜひ全額返金保証制度を利用すべきです。丁寧でわかりやすいガイダンスもありますし、返品の際の送料もインク革命.comが負担してくれます。

インクジェットが切れてしまうと言うのは緊急を要します。しかしインク革命.comなら19時迄にも注文すれば最短で翌日には商品が届き、緊急時の対応にも優れています。

公式サイトはコチラ

トナプロ

総合評価 ★★★★
サービス ★★★★
顧客満足度 ★★★★
利便性 ★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • 低価格で購入できるリサイクルトナーの専門店
  • 各種メーカーのトナーとインクが買える
  • 送料無料で購入できるので節約できる

創業から30年経っているトナプロは、プリンターで印刷するときに必要になるトナーを販売する通販ショップです。ただし、普通のものではなく、リサイクルトナーを取り扱うお店なので、最大で純正品の90パーセントも安価で販売されています。

たいていの有名メーカーのプリンターに利用できるリサイクルトナーが販売されているため、お目当てのものを手に入れられる可能性がとても高いです。また、トナーだけではなくインクも販売されているので、インクジェット形式のプリンターを使っている方にもおすすめです。

トナプロで販売されているリサイクルトナーやインクは、全商品が送料無料となっています。そして、昼の12時までに注文したのなら即日で送ってくれますので、最短時間でプリンターが使えるようになるでしょう。

公式サイトはコチラ

リサイクルトナードットコム

総合評価 ★★★★
サービス ★★★
顧客満足度 ★★★★★
利便性 ★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • 再利用しているからとても安価で購入できる
  • きちんと品質管理しているので安心
  • 10年間というとても長い保証期間

リサイクルトナードットコムは、空になったトナーへ新たに中身を入れて販売する会社です。現在使っているトナーが空ならば、そちらを送れば中身(インク)を入れて送り返してくれるので、驚くほど安くプリンターを利用できるようになります。

トナーに中身を入れただけのものを売るのではなく、その前に分解や洗浄などのメンテナンスもきちんとおこなわれています。問題があったのなら修理をしてくれるので、いつまでも快適に利用できるトナーを購入できるでしょう。

リサイクルトナードットコムで販売されている再利用品のトナーは、10年間という長期保証付きです。そのため、印字トラブルがあったとしても、購入から10年以内なら迅速に対応してもらえます。

公式サイトはコチラ

インクのチップス

総合評価 ★★★
サービス ★★★★
顧客満足度 ★★★
利便性 ★★★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • 互換インクを安く購入できるお店
  • メーカー公式インクと遜色ない性能
  • 不具合に対しては一年間も保証がある

インクのチップスを利用すれば、メーカー公式インクよりもずっと安い、互換インクを購入できます。五割から七割ほど安く販売されているので、プリンターのランニングコストを節約したい方におすすめできるお店です。

互換品は公式品よりもクオリティが劣るといわれていますが、インクのチップスが販売するものは違います。通販サイトには、互換と公式を比べた画像が掲載されているため、自分の目で見て、クオリティの高さをチェックすることが可能です。

購入したものがインク切れではないのに印刷できなくなったら、インクのチップスに連絡を取れば交換してもらえます。不具合に対する保証は一年も続くので、安心してプリンターで活用できるでしょう。

公式サイトはコチラ

プリンターのインクの違いを知るだけでなく時折使わないと

プリンターを買うときに気を付けないとならないのがインクの存在です。あまり詳細なことを知らない人はどうしても店頭価格だけを基準に選んでしまう傾向があるので注意しないとなりません。そのインクにはインクの性質自体として顔料と染料の2種類があります。顔料の特徴は紙の表面にインクを吹き付けること、そして耐水性と耐光性に優れてることで長期保存に向いている点です。特に文字と数字中心の文書やデータ印刷では顔料インクが優れています。一方の染料はインクを紙に染み込ませるので耐水性の点で見劣りしてしまいます。そのためこだわらない人の多くは顔料系を選ぶ傾向となります。それにもかかわらず染料インクと対応プリンターが販売されてるのは、写真系で芸術的色彩を追求してる人にとっては顔料系よりも優れてるといわれます。

しかし染料系のインクで顔料系よりも決定的に優れてるのがインクの目詰まりともいわれます。インクは一度装填したらそれで終わりでなく、時折使用しないと目詰まりしてインクが出なくて故障の原因となります。顔料系のインクはその傾向が特に強いのですが、染料系だとその目詰まりによる故障がほとんどないといわれます。従って印刷頻度が少なくて印刷の品質や長期耐久保存にこだわりがないとすれば、染料系のインクとプリンターを購入したほうが得策であるといわれます。言い換えれば顔料系インクと対応プリンターは時折テスト印刷をするとかノズルクリーニングを行うなどする必要があります。なおいずれもプリンターの耐久年数は約5年ほどといわれます。もう1つ注意しないとならないのが顔料系も染料系もともに純正のインクに対して純正でないいわゆる互換インクが販売されている点です。

その純正でない互換インクの特徴は純正に比べて安価なことが最大のセールスポイントとなっています。安価な価格で提供されてるのは余計なコストを省いて容器などを回収して使用していることが1つの要因となっています。けど余計なコストを実現するにはこれらの対策だけでは限界があるためにインク自体の品質も落とさざるを得ません。そのため特に写真や絵を印刷したら色彩や見栄えに違いがあることを素人でもはっきりと判別できるくらいの影響を及ぼします。また互換インクを購入する際は万が一何かの不具合に出くわしても自己責任であることが求められます。何かの不具合というのはインクの残量を示すICチップも不具合で時折認識しない場合があったり、インク自体が漏れるなどする確率が純正に比べて高くなります。さらにもっと大事なのはプリンターが故障をして、それが保証期間内だとしても保証を受けられないことです。

上へ戻る